住宅診断の【エスパス一級建築士事務所】

ハウスドクターとしてお住まいのトラブルを解決!


住宅診断の事例紹介


トップページ住宅診断の事例紹介一覧>中古住宅購入前の住宅診断

中古住宅購入前の住宅診断

投稿日:2011/3/15

このたびの「東北地方太平洋沖地震」で被災された皆さんに心より、お見舞い申し上げます。
一日も早い復興を願っております。
ただ、復興の為の支援には、被災しなかったエリアの皆さんが元気になり、経済を活性化しなければ、何もできません。
私も微力ですが、少しでも経済活動が活発になるように今まで以上に今までの仕事をがんばるしかないと思います。

今回は第三弾「中古住宅購入前の住宅診断」です。
今年に入ってから、この診断だけでも、5件のご依頼を受けて、実施いたしました。
実際の建物を診て判断するのは私のような専門家でなければできないでしょう。
但し、診断の依頼をする前に一度ぐらいはその目的の住宅をご覧になっていると思います。
その際、購入を考えている一般の方は何故、その住宅を購入しようとしているのか?今一度、整理してください。
[地条件(駅、学校、環境・・・・・)
 中古住宅を選択する条件でこれがかなり  優先されているようですが?
間取りはどうか?
 今の間取りが気にいらなければ、購入後その費用がすぐに掛かります。
9愼後ある程度の予算がありリフォームをしてもよい?

この3項目だけは、建築を知らない一般の方でも決めなければなりません。
私もアドバイスはできますが、この項目だけは家を買う方が決めるしかないからです。

逆に言えば、この3項目以外は住宅についてはすべて、専門家である私が判定、判断します。10年の経験と1000件に及ぶ診断実績から的確な判断をいたします。
上の写真は屋根裏です。一般の方には分かり難しと思いますが、構造体が不安定な状態になっています。かなり微妙な造りですね。

下の写真は床下の土台の部分です。
診るだけでは分り難いのですが、この部分の土台はほとんど腐っています。
だから、この家はダメだということではないのです。こんな腐っていても、改修工事をすることで、安全を確保できます。但し、それなりに費用が掛かりますから、その予算があり、その他の条件もクリアーすれば、購入することもOKなのです。

専門家(資格だけでは無理です)の住宅診断を是非、受けてください。診断費用と内容も確認されてから、ご依頼ください。
それと注意点が1つ、
家の所有者または仲介不動産会社に専門の住宅診断をさせることの了解を取ってください。拒否される場合もあります。理由は分りませんが、住宅診断を拒否されたら、その家の購入は諦めた方が良いと思います。
購入前ですから目視調査が主ですべてが分る訳ではありませんが、高額な買い物です。後で後悔しないように少しでもリスクは回避した方が良いと思います。