住宅診断の【エスパス一級建築士事務所】

ハウスドクターとしてお住まいのトラブルを解決!


住宅診断の事例紹介


トップページ住宅診断の事例紹介一覧>リフォーム?どう直そうか?Α複嘘小屋裏)

リフォーム?どう直そうか?Α複嘘小屋裏)

投稿日:2016/12/18

今回は小屋裏(天井裏)
ここを見れれる方はほとんど、いらっしゃいません。
「どこから見るんですか?」という方も多です。

古い家の場合は押し入れの天井のボードを
動かすことで写真のように小屋裏が見えます。
しかし、動かない場合もあります。

この小屋裏は下屋根の部分です。

部分的に断熱材がないこともよくあります。
断熱材がなくて寒ければ、入れればいいだけですから
大きな問題はありません。

全体としては断熱材は施工されており
多少の劣化はありましたが
木材が腐るなどの大きな問題はありませんでした。

天井面の黄色い断熱材の奥に
外壁の部分が見えていて
ここにも黄色い断熱材がある事が確認できました。

小屋裏(天井裏)からは
外壁の断熱材の確認ができる場合もあります。

下屋根の小屋裏は全体として経年劣化程度で
大きな問題はなかったのですが、

屋根面の板金を診た時に少し気になった部分
そこには少し大きな水シミがありました。

ただ、現在も浴室の外壁側には雨もりがあるようで
その現象は小屋裏からは確認できませんでした。

浴室の天井には漏水跡が見られませんでしたので
屋根から入った雨は直接、壁に流れ込んでいると
思われます。

こちらの家のように築40年以上の場合
小屋裏もかなり黒カビが発生していて、全体が黒く
なっていることが多いのですが
こちらの場合、現在の状態としては悪くないです。

次回は2階屋根裏です。
更新は来週末の予定です。