住宅診断の【エスパス一級建築士事務所】

ハウスドクターとしてお住まいのトラブルを解決!


住宅診断の事例紹介


基礎断熱工法

投稿日:2016/4/3

先週に続いて
基礎断熱工法の建物の床下です。

今回の建物は
前回の建物とは違い

建物外周部の半分ほど
床下の地盤が下がっています。

床下に暖房機の設置はありません。

水の浸入した量が多くて
水深も3僂發△蠅泙靴拭

この水の影響で
床下の木材が腐食したり
床材にカビが付着していました。

水中ポンプで排水して
浸入口の調査です。

前回の建物と同じように
浸入口は

配管周りと
基礎の取り合いだと思われます。

この箇所には何やら
処理されたような形跡が
部分的にありますが、
効果は出ていないようです。

止水(防水)処理が必要ですが
特に
基礎の取り合い部分は
内部側からでは難しいでしょう。

外部側からの対策が必要と思われます。

床下に水が溜まるような状態が
継続されると
木材への影響が懸念されます。

早めの対策が必要です。

次回は来週末に更新の予定です。