住宅診断の【エスパス一級建築士事務所】

ハウスドクターとしてお住まいのトラブルを解決!


住宅診断の事例紹介


トップページ住宅診断の事例紹介一覧>中途半端な改修はしない方がいいですよ

中途半端な改修はしない方がいいですよ

投稿日:2015/1/11

「煙突がグラグラしてきて、不安なんです」

そんなご相談でした。

昔のなごりでしょうが、
奥に雪割りの小屋根が残っていました。

これは屋根の雪が滑って落ちてきた時に
雪に押されないように付ける屋根です。

本来であれば、
今ある煙突のそばにほしいのですが?

また、屋根の先端部分の
30冂の板金が張り替えられています。

屋根の板金自体
かなり錆が発生しており
この部分的な板金の張り替えが
適切であったか否かは不明ですが?

煙突のぐらつきの原因ですが
煙突を固定する
新しい木材が付けられていますけど

その屋根内部の木が腐っていて
固定になっていませんでした。

何度か、改修工事をされたようですが、
どの時点で
何をすれば良かったのか?

判断が少し違っていたと思います。

次回は来週末に更新の予定です。