住宅診断の【エスパス一級建築士事務所】

ハウスドクターとしてお住まいのトラブルを解決!


住宅診断の事例紹介


トップページ住宅診断の事例紹介一覧>新築住宅の第三者検査

新築住宅の第三者検査

投稿日:2013/5/26

基礎が出来上がると
次は木工事になりますが、

まずは基礎(コンクリート部)と土台を繋ぐ
土台アンカーで固定します。
ここもとても重要です。
この土台アンカーをしっかり固定しないと
基礎が残って、木造の部分が飛んでいってしまいます。

土台がしっかり固定できたら、
次はこの上に1階の床を造ります。
この建物は木造ですが、在来工法のように
柱を建て、梁で繋ぐことはありません。

ツーバイ工法といって、
1階床を造り、次に1階の壁を建て
そして、2階の床を造り
次に2階の壁を造る手順になります。
積み木のようなイメージですね。
すべての部位は金物などで固定していきますので、積み木のように倒れることはありませんが、

どの工程も重要です。
次回は来週末に更新の予定です。