住宅診断の【エスパス一級建築士事務所】

ハウスドクターとしてお住まいのトラブルを解決!


住宅診断の事例紹介


トップページ住宅診断の事例紹介一覧>蟻が知らせてくれた・・・・・・

蟻が知らせてくれた・・・・・・

投稿日:2012/4/29

これから、気温が上ると「蟻」の相談が急増します。
家の外にも「蟻の巣」があり、気温が上ると
卵が孵化して、蟻が大量に発生します。
それが家の中に入ってくることもあります。
その対策は気温が上る前に家の基礎の周りに
ホームセンターなどで販売している薬を撒くことです。

それでも家の中に大量の蟻が発生する場合は
建物の中に蟻の巣がある可能性があります。

今回の事例は少し前の写真ですが、
これ程の被害はそれほど例がありません。

外壁のリフォーム相談を受けていましたが、
「実は2階の部屋に随分と蟻が出る?」という、お話が途中でありました。
その内部側の壁の板を剥して見たところ、
壁の中に大量の蟻がいました。
そこから中を覗いて見ると
梁がかなり傷んでいました。

その結果、外壁を剥してリフォームすることになりましたが、想像を超える木材の腐れがありました。勿論、これらの腐った木材は交換しましたが、もし、外壁を剥さなかったら、蟻のお話がなかったと思うとぞっとします。

北海道でも白蟻は毎年発見されており、私も昨年は2件、白蟻の被害を見ました。白蟻は蟻ではなく、ゴキブリの仲間だそうで、直接、木を食べますので、危険です。

黒蟻は直接、木を食べることはありませんが、腐った木に巣を作り、卵を産むので、卵が孵った時に大量の蟻が発見されます。
この時期が過ぎると大量発生はなくなりますので、ほとんどの方は忘れてしまい、また、来年・・・・と繰り返すことになります。
その結果、大きな被害になることがあります。

そんな経験のある方は、今年は少し注意されてみてはどうですか。

次回は来週末に更新の予定です。
テーマは「リフォームのポイント」です。