住宅診断の【エスパス一級建築士事務所】

ハウスドクターとしてお住まいのトラブルを解決!


住宅診断の事例紹介


トップページ住宅診断の事例紹介一覧>中古住宅診断は購入前に・・・・

中古住宅診断は購入前に・・・・

投稿日:2012/1/31

住宅診断にお金を掛けるのは無駄ですか?
無料診断の広告も多いですが、世の中に無料なんてありません。
どこか?で費用は回収しています。

「不動産のプロが売っているのだから、大丈夫」と思われている方、
不動産のプロ=建築のプロではありません。
建築のプロ=住宅診断のプロではありません。
こんな書き方すると、不動産、建築関係の方から、怒られそうですね。
私の今までの経験です。
さて、今日の事例は冬の小屋裏と床下を診ると・・・こんな状況もありました。

右上の写真は小屋裏の状況です。
合板に無数の水滴が付いています。
これ、すが漏れ(冬の雨もれ)ではありません。小屋裏全体のこのような状態でした。
原因は「小屋裏の結露」です。
勘違いし易いですが、良く全体を調べると判ります。判断は難しいですけど。
この状態が続くと、合板、木材が腐れて屋根が崩れます。

右下の写真は床下の状況です。
床の木材、断熱材に無数の水滴が付いています。床に水をこぼした訳ではありません。
床下の水分が結露したものです。
この現象は夏にも、発生することもあります。この結露水を放置すると木材を腐らせ、断熱材の効果も低下させます。
床を支える木材が腐ると床が落ちます。

表面から見えない、屋根裏、床下には隠れた大きな問題が潜んでいることがあります。

私のセミナーでは、このような事例を使っていろいろとお話させていただいています。
今回はHPでも、そんな内容をご紹介しています。

次回は今週末に更新の予定です。