住宅診断の【エスパス一級建築士事務所】

ハウスドクターとしてお住まいのトラブルを解決!


住宅診断の事例紹介


結露の原因は?

投稿日:2017/12/11

住まい方と建物性能です。

まったく結露のしない家は
乾燥しすぎているので、健康上、危険です。

樹脂サッシでペアガラス仕様で
ガラスの下、2〜3僂某綸が付く。

この程度は湿度は30%ぐらいなので
このくらいの湿度がないと身体には
辛いと思います。

でも、写真のように
ガラス一面にびっしり水滴が付くと
大変ですよね。

この状態で室温19℃で湿度79%
これはかなり湿度が高いです。

原因の一つは住まい方

今回の場合は
灯油のポータブルストーブを
使っているからです。

排気煙突のない灯油のストーブからは
燃焼の際に大量の水分が放出され
それが室内に溜まるからです。

現在の家は昔の家に比べて
すき間の少ない、気密が高い家です。

気密が高いので、機械的に換気する
システムが設置されています。
このお家もそうでした。

家全体で換気計画をするのですが
寒いからと云って
ドアの下のすき間を閉鎖してはダメです。

この大量の結露を無くすには
まず、灯油のポータブルストーブを使わない。

そして家全体の換気システムが
機能していませんので
各部屋に熱交換型の換気扇を
設置しました。

この改善でほとんど結露はなくなりました。

次回は来週末に更新の予定です。