住宅診断の【エスパス一級建築士事務所】

ハウスドクターとしてお住まいのトラブルを解決!


住宅診断の事例紹介


トップページ住宅診断の事例紹介一覧>他人ことではない屋根庇崩落事故

他人ことではない屋根庇崩落事故  NEW

投稿日:2017/3/19

札幌西区の宮の沢ハイツの屋根庇崩落

私もテレビ局の取材依頼を受け
UHBのみんなのテレビと

テレビアサヒの
羽鳥慎一モーニングショーに
収録で出演させて頂きました。

テレビのニュースとしては
これでほぼ、収束するんでしょうが

まだ、何の解決もされていなくて
これからが大変だと思います。

この崩落でけが人が出なかったのは
ほとんど奇跡に近いと思います。

現在もいつ、崩落するか分からない状態。
この危険な状態でも入居を続けるしかない。
早く退去できるようになれば、いいのですが。

このマンションは賃貸物件ですから
建物維持管理、何か事故があった場合は
すべて現オーナーに責任があります。

現オーナーは昨年、このマンションを購入された
大阪の不動産会社とのことです。

中古物件は現状渡しが原則ですから
この状態を知っていて購入されたことになります。
購入した時点ですべての責任を負います。

私はテレビの取材の中で
「メンテナンス不良」が原因と云ってます。

3年毎の定期点検報告も出していない建物が
適切なメンテナンスをしている訳もなく

屋根庇以外の外部にも傷みが多発
内部でも雨もりが多発して劣化が進んでいます。


このように大きな建物に購入は
一般の方はあまり機会がないと思います。

最近、急増している戸建ての中古建物の
購入でも多くの危険が含んでいる場合があります。

中古ですから、ある程度の痛み、劣化はあります。
それをどう評価、判断するかです。

購入されてから、
大きな問題を知っても
それで事故が起きても
購入した時点ですべての責任は
現在の所有者になります。

中古物件は特に現状渡しが基本だからです。


少しでもリスク回避をすることは重要です。

何か、気になる事があれば
お気軽にご相談ください。

できれば、購入前をお勧めします。